Home > 2005年10月11日

2005年10月11日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

いよかんを萌え擬人化『いよたん』

田所いよかん販売所

書店で知っておきたいWebデザインきほんBOOKという本を立ち読みしてて偶然発見。

頭の上にちょこんとある茎?と葉っぱが触覚みたいで
なんともキュート!激プリチー!
髪型といい、ことごとく俺の好み!!
擬人化キャラでこんなに萌えたの久しぶりだよ!

画像を載せたいところですが
流石にそのまま画像を転載するのはマズイので
とにかく!四の五の言わずに田所いよかん販売所をチェキデス。
いよかんあれこれとか萌え関係無しにタメになると思うんですよ。

Final Fantasy VII Advent Children

shinra.jpg


ある友人()のご好意により
FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDRENを鑑賞する機会を得ました。

まず率直な感想を申しますと、
エアリスは俺のよmCGの美しさに素直に感動。
CGであれだけの映像作品が出来るとは。
今の技術ってのは想像以上に凄い所まできてるようですね。

ストーリーは最初よく解らなかったのですが
話が進むにつれ徐々に事態が把握出来たのでまぁよし。

ただ、ちょっと話を短時間に詰め込みすぎたかなーと思ったりもしました。

でもラストのシーンは凄く良かったです。
素で感動しました。

キャラの話になると
ケット・シーの陰が薄かったのがなんとも。
やっぱあのデカい人形(ロボ)が無いとどうにもね~。
レッドXIIIもあんまり喋ってなかったよなぁ。活躍はしてたけど。

クラウド・ヴィンセントはやっぱりカッコ良かったです。
シドも良い味だしてました。
バレットの髪型がコーンロウになってたのは今どきの流行を意識してでしょうか。

女性陣。
ユフィは何か大人っぽかったです。
もうちょっと子どもっぽくても良かったかなーと。
ティファはゲーム版のCGと見違えるほど可愛くて美しい女性でした。
戦闘シーンは圧巻。

でも、一番僕の心を掴んで離さなかったのは、何を隠そうエアリスでしょう。
ほんのちょっとしか登場しなかったけど、それでも十分僕の心はエアリスにやられました。
元々エアリスはFFVIIで一番好きな女性キャラでしたので。
CG技術万歳。

あとはタークスのルード・レノのコンビには笑わせてもらいましたぞ、と。
あの二人、やっぱ凄くいい人だぞ、と。
特にレノは暗い雰囲気の中展開されるストーリーの中旨い味を出してくれるお笑いキャラだったぞ、と。


FF7ファンなら必ず見て欲しい作品です。
もちろんファンで無い方にも見て欲しいです。
とにかくCG凄いです。一瞬にして引き込まれます。

Home > 2005年10月11日

Recent Comments
Search
Meta
Links
Feeds
Counter
Support
  • 「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト
  • うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。