Home > スポンサー広告 > 半島を一周せよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

けんぼ URL 2008-08-31 (日) 16:02

あのみすずちんがインパクト強すぎて、ほとんど忘れたww

が、がお

hiro URL 2008-09-01 (月) 01:12

お疲れ様でした☆
とても楽しそうで僕も長距離走ってみたいなぁ。まだ、60kmぐらいが最高なんですよね~

bjmn URL 2008-09-01 (月) 04:52

ごついな
いま電車と徒歩しか使ってない・・・・

SEL URL 2008-09-02 (火) 21:27

>けんくん
現実に引き戻された瞬間である。

>hiroさん
たまには思い切って走りこんでみるのも、いいものですよ!

>bjmnくん
スポーツサイクル乗り始めるといろんな感覚が変わります。
特に金銭感覚。(笑)

たか URL 2008-12-22 (月) 00:07

僕も昔、島原半島一周しました。
なかなかきついですよね!想像以上でしたよ!

ちなみに小浜町は僕の地元ですよ~!!

SEL URL 2008-12-22 (月) 21:21

>たかさん
コメントありがとうございます!
僕も走る前は「島原半島一周ぐらい…」ってヌルい考えでした。
小浜町、今度行く機会があったらゆっくり回りたいです。
温泉入って、旅館でゆったり。
想像しただけで癒されます。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://tloin.blog21.fc2.com/tb.php/939-3f3cc819
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 言の葉インダストリイ

Home > スポンサー広告 > 半島を一周せよ

Home > 旅行・お出かけ > 半島を一周せよ

半島を一周せよ

きっかけはケン坊くんでした。
自転車で何処か行かね?って話になって、自転車屋の店員さんのアドバイスで
フェリー経由すると何気に近い長崎県島原市に行くことに。

それをウチの親に話したら、「じゃあ、どうせだから島原半島一周してくれば?」と。

島原市を適当に回るよりも楽しそうだな、と短絡的な理由で半島一周に挑戦してみることに。

それが全ての始まりでした。
午前10時45分。
熊本・長洲港からフェリーで長崎・多比良港へ。
もちろん、自転車を乗っけて。

2008083010570000.jpg

長崎地方の天候は曇り。
天気予報ではこんな感じの優れない一日になるらしい。
雨が降らないだけ&直射日光で照らされないだけ、マシか。

午前11時40分頃、多比良港到着。
邪魔なバッグをコインロッカーに置いておきたかったが、ロッカー自体が無い。
仕方ないのでバッグは担いで走ることに。

意外なことに、多比良港から島原市までの道路の路面状態は良かった。
謎の勾配が多いのがちょっと気になる程度。
しばしの間走って、途中看板が見えたので不意に立ち寄ってみたのが

2008083012220000.jpg

島原城
入館料が高かったので、外から眺めるだけ。
フェリー最終便の時間を考えると、あまりゆっくりは出来ないので、10分だけ滞在して出発。

走行しながら右に目を向けると、雲がかった雲仙が。
なかなか荘厳。

2008083013000000.jpg

ここで1回目のコンビニタイム。
饅頭で糖分を補給。

島原を抜け、深江というエリアへ。
ここらへんからじょじょに坂が増えてくる…。
アップ&ダウンの連続、しかも長い。
場所によってはかなりの傾斜。
2回目のコンビニタイムで冷凍ペッドボトルを投入し、
下り坂ではツールで観たダウンヒルばりの超前傾姿勢でスピードを稼ぐ。

海道沿いをひたすらに漕ぎ続ける。
ようやく街らしい場所に出てきた。
口之津という地名らしい。島原半島の南端に位置する。ようやく。
ここからは昼食の場所を探しながらの走行。

が、本当の地獄はここからだった…。

なおも海沿いの道を自転車2台で、平均21km/hのペースで走行。
途中、こんな岩を発見。

2008083014500001.jpg

口を開けた人の横顔に見えませんか?見えますよね?
たまにこういう発見が出来るのも自転車旅行の魅力かと。
車だとほとんど気づかないだろう。

加津佐という地区を抜け、こんな標識のある場所へ辿り着く。

2008083015010000.jpg

そそる地名だったが(最高的な意味で)この時点で体力がかなり切羽詰った状態だったので先を急ぐ。
その先に待っていたのは…これまで以上に傾斜角のある、長い上り坂。
とうとう一番軽いインナーギアの封印を解除。
無心にペダルを漕ぐ、こぐ、コグ。

そんな坂が二回も続いた日にゃ…。
しかも飯も食ってない状態で。
さすがにヤバかったので、いかにも田舎の商店といった趣きの店で
お菓子と飲み物(レモンジュースだったが、めちゃくちゃ酸っぱかった!)を補給。
店のおばさんから道順などを聞きつつ、しばし休憩の後、出発。

坂は無くなり、また海道へと差し掛かったが
今度は吹きすさぶ向かい風でなかなかスピードが出せない。
この辺で自分の体力の限界が近いことを実感。
小浜町へ入ってすぐ、コンビニ休憩。

2008083016060000.jpg

ここでまともな飯(といってもパン一個だが)にありつく。
冷凍ペットボトルも新たに買いなおす。ついでに地図で道を確認。(もうここまででお察しだろうが、今回は地図を持ってきてなかったのだ)
小浜町の中心街へ入ると、急に道が綺麗になり、
コンビニがあり、リンガーハットがあり…感動。
この辺は温泉街でもあって、あちこちに温泉があったが
総じて値段がバカ高かったのでスルー。

またしばらく走っていると、道の先に恐ろしい上り坂が…。
左にも道があって、そっちはそれほどキツくはなさそうだ。
もう上り坂はこりごりなので、そっちの楽なほうに道をそれる。
するとその道を一台のロードバイクが走り抜けていった。
選択は正しかったようだ。

緩やかな勾配が続いたが、自然のトンネルがとても涼しく
気持ちよく走行することができた。
ちなみに予告編の写真はこの道を走っていた時に撮影したもの。

2008083016470000.jpg

地元の人に道を尋ねつつ、千々石町に入る。
そこで待ち構えていた最後の激坂…。
ギアを一番軽くした状態で、10km/hにも満たぬ速度で
横を軽々すり抜けていく車たちをもろとも知らぬ状態で
登り続けたが、3分の2を登ったところで、一瞬「向こう」が見えたので
これ以上はヘタすると車に轢かれる危険性が出てきたので
最も安全な手段、つまり自転車を降りて登る。

展望台に到着した。

2008083017110000.jpg

ついさっきまで自分たちが走ってきた場所ははるか下、はるか向こうへ…。

2008083017090000.jpg

2008083017100000.jpg

もちろんここがゴールではない。
先を急ごう。
なおも激坂は続く。
漕いで、漕ぎまくって、ついに、激坂を登り終えた!
ここからラストスパート。
数十km先の港へ。

この頃は完全に体力が切れてました。
20km/h以上がどうやっても出ない。
変速する気力も無い。そんな状態。
みすずちんの相手をする余裕なんてあるわけがない。
途中でみずほ先生の声さえ聴こえてきました。

火がついたのは、有明海が見えてから。

2008083018290000.jpg

さっきまで20km/h以上出せなかったのに、
変速もおっくうだったのに、
重いギアに変えて、20km/h以上出して、走ってる。
どこにそんな力が眠っていたというのだ。

2008083018290001.jpg

夕暮れをバックに、18時40分頃、多比良港到着。
約7時間。
走行距離およそ100km(自宅から長洲港までの距離を除く)。
帰りの船ではもちろん、死んでました。


家に着いて、シャワー浴びて、ようやっとまともな飯を食って
予告編アップして、泥のように眠って
起きて、今、鎖骨付近の筋肉痛に耐えつつこの文章を書いてるんですが
振り返ってみると、昨日はすごく楽しかったです。
超疲れたけど。しばらく坂は上りたくない。見るのもイヤ。(笑)
スポンサーサイト

Comments:6

けんぼ URL 2008-08-31 (日) 16:02

あのみすずちんがインパクト強すぎて、ほとんど忘れたww

が、がお

hiro URL 2008-09-01 (月) 01:12

お疲れ様でした☆
とても楽しそうで僕も長距離走ってみたいなぁ。まだ、60kmぐらいが最高なんですよね~

bjmn URL 2008-09-01 (月) 04:52

ごついな
いま電車と徒歩しか使ってない・・・・

SEL URL 2008-09-02 (火) 21:27

>けんくん
現実に引き戻された瞬間である。

>hiroさん
たまには思い切って走りこんでみるのも、いいものですよ!

>bjmnくん
スポーツサイクル乗り始めるといろんな感覚が変わります。
特に金銭感覚。(笑)

たか URL 2008-12-22 (月) 00:07

僕も昔、島原半島一周しました。
なかなかきついですよね!想像以上でしたよ!

ちなみに小浜町は僕の地元ですよ~!!

SEL URL 2008-12-22 (月) 21:21

>たかさん
コメントありがとうございます!
僕も走る前は「島原半島一周ぐらい…」ってヌルい考えでした。
小浜町、今度行く機会があったらゆっくり回りたいです。
温泉入って、旅館でゆったり。
想像しただけで癒されます。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://tloin.blog21.fc2.com/tb.php/939-3f3cc819
Listed below are links to weblogs that reference
半島を一周せよ from 言の葉インダストリイ

Home > 旅行・お出かけ > 半島を一周せよ

Recent Comments
Search
Meta
Links
Feeds
Counter
Support
  • 「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト
  • うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。