Home > スポンサー広告 > そうだ、長崎へ行こう。(2日目)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

けんぼ URL 2008-09-16 (火) 12:20

うん、乙
そっかー…もう自転車では行かないのか…

SEL URL 2008-09-16 (火) 19:59

>けんぼくん
少なくとも、しばらくはね。
マジで、坂が島原半島の比じゃないから。
いくつもの「山」を越えないと辿り着かないから。
そして重要なのは、長崎市自体が坂の都という事だ。

まぁ、実際走ってみるとそうでもなかったりするかもしれないけど。
でも、島原半島一周するよりもキツいのは確かだと思う。

けんぼ URL 2008-09-16 (火) 23:19

山?!まじで?
長崎市のが楽かも、ていうのは安易な考えだったのか…
じゃあ次回はロードorツアラーの佐賀経由でww

SEL URL 2008-09-18 (木) 23:42

>けんぼくん
安易だったよ。見事にね。
佐賀経由だったら佐世保に行ってしまいそうだよ。(笑
実際佐世保もかなりいい街だからね。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://tloin.blog21.fc2.com/tb.php/946-3b2f962a
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 言の葉インダストリイ

Home > スポンサー広告 > そうだ、長崎へ行こう。(2日目)

Home > 旅行・お出かけ > そうだ、長崎へ行こう。(2日目)

そうだ、長崎へ行こう。(2日目)

この夏はいつにも増して精力的に活動したと思う。
筑後川をサイクリングしたり、深夜徘徊したり、天神に足繁く通って東方グッズ買い漁りまくったり、
浮世絵観に行ったり、サークルの皆とバーベキューやったり、ゼミ合宿に連れて行かれたり
島原半島を自転車で一周したり、懲りずに久留米まで行ったり
ブログに書いてないとこでもいろいろやりました。

だけど、何か物足りなさを感じていた。
それは泊まり系のイベントを合宿以外でやっていないことだった。
そしてこの夏は自転車に乗ってばかりで、バイクで何処にも行ってないことに気づく。

じゃあ行こうじゃないか、バイクで。
向こうで一泊してさ。
最後の打ち上げ花火を上げちゃろう。


というわけで、かねてから心惹かれて止まない魅惑の都市、長崎へ原付で行ってきたよ。
長くなったので1日目2日目で分けました。
2日目
7時頃不意に目が醒める。
辺りが急に騒がしくなったからだ。
どこかから目覚ましの音が聞こえる。
まぁ、こういう目覚めもありだろう。

顔を洗い、ドリンクを飲み、身辺が落ち着いた所でネットで天気予報をチェック。
夜までは曇りと出ている。そもそも今、外はどうなってるんだろう。晴れてるのか。降ってるのか。
制限時間の8時半まで、弱虫ペダル2巻を読んだりして過ごす。

会計を済ませ、ネカフェから出る。
外は曇りだった。雨は降ってない。
8時半ともなるとさすがに人通りは少ない。
銅座町だとかおそらくその辺を携帯カメラ片手に散歩してみる。

2008091408350000.jpg

2008091408340000.jpg

2008091408380000.jpg

2008091409360000.jpg

2008091408380001.jpg

改めて歩いてみるとつくづく坂の多い街だ…。
やっぱりこの街は似てる。あの街に。愛しの函館に。

アーケードに戻り、サンマルクカフェで朝食。
アイスコーヒーとパン2個を注文。9時半頃までまったり。
こういう店のこういう時間帯のお客さんは何故かみんなカッコよく見える。
しきりに何かをメモるおっさんさえも。

浜の町アーケードに別れを告げ、歩いて大波止へ向かう。
途中、どこかで見たことある風景に出会う。
2008091409410000.jpg

2008091409420001.jpg
まさかの出島。
こんなところにあったんかい。

大波止はすぐそこ。
ここにあるのは
2008091409450000.jpg
夢彩都
要するにゆめタウン。
開店時間まで港からの風景を写真で撮りまくる。

2008091409470000.jpg

2008091409480000.jpg

2008091409490001.jpg

2008091409500000.jpg

2008091409500002.jpg
いいねぇいいねぇ。
出来れば夜の風景も観たかった。
写真の通りこの時間には日が照ってました。

夢彩都には開店時間と同時に突撃。
ここもアミュプラザと同じ構成。フロア毎にメンズ・レディース・ファミリーで別れてる感じ。
メンズはアミュよりは微妙だったけど、こっちにもTHE NORTH FACEが出店してたのはちとビビった。
あとHOBBY ZONEが入ってたのは評価に値する。
曰く当店オリジナルというウェイトレス姿の長門有希のPinky:st.はあまりに激プリチーすぎて
危うく万札を突き出す勢いだった。
我慢してストライクウィッチーズのフィギュアを買う。
写真ではサーニャ・V・リトヴャクちゃんのが一番出来良いっぽいので
サーニャちゃん狙いで選んだが、引き当てたのはなんと…ネカフェで寝てる間PC画面に表示させてたあのミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ隊長!
愛が通じた瞬間やね!
今この瞬間もパソコンの横に飾ってます。

夢彩都から、長崎駅まで徒歩で戻る。
近いので5分ぐらいで着いた。
2008091410470000.jpg
せっかくだから市電に乗るという手もあったが、何かギュウギュウだったので。
バスはガラガラなのに市電はこんな感じでした。

駐輪場で相棒CL50と再会。
盗まれてなくて&イタズラされてなくて良かった。
最後にコイツで平和公園を目指すことに。

…が、場所がよく分からない。
いや、浦上天主堂の近くには行ったんだが
バイクを停めれる場所が見つからない。
なんかもうどうでもよくなってきたので帰ることに。

帰りは来た道(浦上街道~桜町通り~新長崎街道)を戻るだけだ、と楽観視していた。
その油断が、命取りに。

分かれ目は諏訪神社前の交差点。
本来は右に曲がらなければならないのを、勘違いして、直進してしまったのだ。
「あれ?さっきのとこ、右だったような…」とは一瞬頭の中を巡ったが
確信は無いので直進しつづける。
すると行きに通ったような道に出る。(実際は間違い。よくよく考えるとローソンが無かったし)
ああこの道で大丈夫なんだと、ずーっと直進しつづける。
するといつの間にか長ーいトンネルに入ってしまった。
あれ?なんだここ?標識が緑だぞ?てかさっき125cc以下通行禁止とかいう文字があったような?
だがすぐ後ろには車。対向車線も車がビュンビュン走ってる。
引き返すことなど出来るわけがない。何しろ流れが速い。
やべぇとこに来てしまったと焦りながらフルスロットルで走る。
しばらくするとトンネルを抜けた。
目の前にあるのは……おい!あれは高速道路の料金所じゃねぇか!?
料金所のおっさんに事情を説明。
すると事務所の方からNEXCO(旧道路公団)のお姉さんが出てきた。
かくかくしかじか事情を説明すると半ば呆れ気味だった。
一般道に戻るためバイクを一緒にかかえてもらった時は本当に申し訳なかった。
しかも長崎市内の詳細地図までくれたのだ!
NEXCO優しすぎる!感動!

何回もお姉さんに頭を下げて、さぁ一般道に戻るぞとバイクをキックするが
エンジンがかからない。
ヤバい。さっきの全開走行が響いたのか。
近くで煙草を吸っていた高速道路交通警察隊(階級章からして警部クラス?)のおっさんから不思議そうな目で見られて
事情を説明しつつあくせくしてたらやっとエンジンがかかる。
警察のおっさんからも道を教えてもらって改めて出発。
つかよく怒られなかったなぁ…。
ちなみに長いトンネルの所は後で確認したら長崎バイパスでした。

一度浦上街道に戻り、再度諏訪神社前の交差点へ。
今度こそ右に曲がり、しばらくするとローソンが見えてきた。やっぱりな。
日美バイパスに入っていく。
すると前方にロードバイク2台を発見。かなりの速度を出している。
下り坂だったのもあるが、おそらく60km/h近くは出ていたと思われる。
自転車はANCHORとSCOTT。ANCHORの方はライダーの方もチームブリヂストン・アンカーのジャージを着ていて意気込みを感じた。

行きで避けていた矢上大橋有料道路を走ってみる。
原付は通行料10円。
え?たったこれだけの道で有料?って感じだった。
諫早市に入り、251号で東へ。
途中、アメリカン軍団3台に遭遇。
先頭で演歌をたれ流しながら走ってたハーレー乗りのおばさんには濡れた。
ああいう大人になりたいわ。

行きにも寄った道の駅のような所で給油と軽食と休憩を取る。

2008091413270001.jpg
雲仙は雲がかかってほとんど見えない。

無事に57号線・島原街道へ戻る。
吾妻町を走っていた時は正直疲れがピークに達していた。
居眠りとまではいかないが、油断したら逝ってしまいそうな、そんな状態。
これはもうあの場所へ立ち寄るしかないだろうと、最後に向かったのが、

2008091414070000.jpg
風見みずほ温泉!!!!(違
前回の自転車ツーリングでその看板を見つけて神の声を聞いたとか聞かなかったとかいう魅惑スポット。
みずほ先生のお湯!
たぶんお湯の色はピンク色でしょうね!何故か知らんけどそんな気がする!
ドキドキしながら入ったが無論お湯がピンクなわけはなく美人の宇宙人が居るわけもなくポッチーすら売ってない普通の温泉だった。
だがそれでも十分満たされた。
一気に疲れがお湯に溶けていった感じ。
温泉の他にプールや広場やテニスコートや体育館もあって
すぐ近くには有明海が広がっていて
まさしくあそこは桃源郷だった。

すっかり回復して、後は港まで一直線。
途中、警察署の前に警察が10人以上立っていたのは少し驚いた。
その理由は数十分後明らかとなった。

多比良港へ到着し、フェリーを待つ。
一台のバイクが停まっていたのでその横に停める。
よく見るとアホみたいにデカい。エンジンが。
エンブレムには『MOTO GUZZI』『Griso 8V』と書かれていた。
GPSまで付いてる。どこの国のバイクだろう。ライダーは外国人だった。

そうこうしてると、突然料金所の付近が騒がしくなる。
しかも嫌な騒ぎ方。この音は夏になると毎晩聞かされる…。
そう。やってきたのは20台近く列なる暴走族?集団。
そういえば料金所にもパトカーが2台停まっていた。まさかさっきの警察署のアレもコイツらの監視なのか。
どうやらフェリーには乗らず駐車場に集まりたかっただけらしい。

その集団から二人の女がこっちに向かって歩いてきた。
二人ともセーラー服姿。だがどう見ても現役には見えない。
何故かというと二人ともルーズソックスを履いてるからだ。
今時ルーズソックスなんぞ山奥でも見かけない。
あれは旧車會の集まりなのだろう。

なんか変なモノを見てしまって気分が悪くなってきた。
そしたらまた向こうの方から排気音が聴こえる。
まだ増えるのか…と気が滅入りそうになるが、先ほどと「音」が違う。もっと優等生な音だ。
かくして現れたのは8台ばかりのオヤジバイカー集団。
しかも排気量高めの。CBRとかそこらへんのSS。
多比良港の駐車場はかつてないバイク密度。
族車に、SSに、正体不明のモンスターマシンに、俺のCL50。
大排気量車に囲まれて俺涙目。そのまま海に逃げ出したかった。


そんなこんなで最後までイベントづくしの2日間の原付旅行だった。
まぁ、あれだ。長崎なめてたわ
いろんな意味で。
よってぜひまた行きたい。てか行く。
今度は晴れた日に、ちゃんとしたホテルに泊まって、出来ればもっと排気量の高い乗り物で…。
あっ、自転車では絶対行かないから。あそこまで自転車とか正気の沙汰じゃない。
フルカーボンのロードでフル装備で自分のエンジンに自信があるならまだしも、
安物アルミクロスバイクで半島一周でへばる程度じゃ絶対辿り着かない。
夏の最後のいい思い出になりました。
ここまで日記読んでくださった方、お疲れ様でした。
スポンサーサイト

Comments:4

けんぼ URL 2008-09-16 (火) 12:20

うん、乙
そっかー…もう自転車では行かないのか…

SEL URL 2008-09-16 (火) 19:59

>けんぼくん
少なくとも、しばらくはね。
マジで、坂が島原半島の比じゃないから。
いくつもの「山」を越えないと辿り着かないから。
そして重要なのは、長崎市自体が坂の都という事だ。

まぁ、実際走ってみるとそうでもなかったりするかもしれないけど。
でも、島原半島一周するよりもキツいのは確かだと思う。

けんぼ URL 2008-09-16 (火) 23:19

山?!まじで?
長崎市のが楽かも、ていうのは安易な考えだったのか…
じゃあ次回はロードorツアラーの佐賀経由でww

SEL URL 2008-09-18 (木) 23:42

>けんぼくん
安易だったよ。見事にね。
佐賀経由だったら佐世保に行ってしまいそうだよ。(笑
実際佐世保もかなりいい街だからね。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://tloin.blog21.fc2.com/tb.php/946-3b2f962a
Listed below are links to weblogs that reference
そうだ、長崎へ行こう。(2日目) from 言の葉インダストリイ

Home > 旅行・お出かけ > そうだ、長崎へ行こう。(2日目)

Recent Comments
Search
Meta
Links
Feeds
Counter
Support
  • 「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト
  • うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。